HOME>トピックス>家賃保証の仕組みを知って空室リスクを回避しよう

家賃保証の仕組みを知って空室リスクを回避しよう

女性

家賃保証の気になる仕組み

マンション投資において、最もちゃんと考えなくてはいけないのが空室リスクです。入居者がいなければ、当然家賃収入が無いわけですから、所有者にとっては大きな痛手となります。家賃保証は、空室があったとしても、管理会社が取り決められている一定率の金額を支払ってくれる保証契約になります。

頼りになる家賃保証会社の特徴ランキングトップ5

女性
no.1

サービスと内容のバランスが良いか

せっかく利用をしても、サービスや内容があまり良くなければ意味がありません。

no.2

実績があるか

家賃保証でも、ちゃんと信頼できる実績があるかどうかは重要です。

no.3

自分でカスタマイズ出来る

保証内容を自分でカスタマイズ出来れば、必要なものと不要なものを見極める事が出来ます。

no.4

ブランド力があるか

知らない会社よりも知っている会社のほうが、安心して契約をする事が出来ます。

no.5

相談にのってくれるか

何か不安な事があった時に、親身になって相談にのってくれるかどうかはものすごく重要です。

家賃保証が人気の理由

家賃保証を付けておくと、入居者が審査に通りやすいというメリットがあります。マンション経営をしている大家さんから見ても、保証があるかないかでは、ちゃんと自分の収入に繋がるかどうかの大切なポイントとなります。

賃貸保証&サブリースのはココが違う

入居者管理を任せられる

サブリースは、物件所有者がサブリース会社に建物を一括で借り上げてもらうので、一定の賃料も保証されますし、入居者に関する管理などを全て任せる事が出来ます。

保証家賃が低くなる

全てを任せられる一方で、保証される家賃が低くなるため、自分でマンション経営をしたいと考えている人には、あまり向いていないかもしれません。

家賃債務保証の現状

お部屋を借りる際には連帯保証人が必要となりますが、個人に代わって会社が保証を引き受けるサービスを家賃債務保証と言います。入居希望者が高齢の場合などに役立ちます。

家賃債務保証を活用するメリット

男女

家賃の滞納リスクが軽減される

家賃の保証がされますので、万が一入居者とトラブルがあった場合でも安心です。

空室リスクを減少できる

家賃回収が出来ないのではないかという不安を払拭できるので、安心してお部屋を貸す事が出来るようになります。

連帯保証人が居ない人でも借りられる

思うようにお部屋が決まらない人も、家賃債務保証があれば安心してお部屋を借りられます。

高齢者や外国人でも安心

大家さんに入居審査で断られがちな高齢者や外国人でも、お部屋を借りる事が出来ます。

問題のある入居者を回避出来る

オーナーに不利だと判断された入居者は、家賃債務保証会社が断ってくれます。

広告募集中